出典元:楽天ペイ公式HP

みなさんは、キャッシュレス決済を利用していますか?

キャッシュレスと言えば、クレジットカードや電子マネーを想像される方がほとんどだと思います。
ですが、2018年から2019年にかけて、スマホ決済が一気に注目されるようになりました

とはいえ、

現ナマ町人現ナマ町人

そもそも、何で騒いでるのかも知らねぇし、なんちゃらペイが多すぎるんでぃ。
やっぱり、現ナマが一番安心できるってもんよ!

と思って、なかなか現金から離れられない人も多いのではないでしょうか?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

それはもったいないわ。
注目されている今だからこそ、スマホ決済がお得に利用できるチャンスなのよ!

現ナマ町人現ナマ町人

スマホ決済がお得だと?嬢ちゃん、詳しく話してみてくれねぇか。

この記事を読むメリット

・キャッシュレス決済が推進されている背景がざっくりとわかる
・スマホ決済利用者トップの楽天ペイがどんなものかわかる
・楽天ペイを使って、スマホ決済を楽しく利用できるようになる

数分で読めますし、楽天ペイで得する情報が満載なので、ぜひご一読ください!

なぜキャッシュレス化を推進しているのか?

出典元:政府広報

そもそも、なぜ日本政府はキャッシュレス化を強く推進しているのでしょうか?
それには、次の理由があると言われています。

1. 外国人観光客への対策
2. 現金にかかるコスト削減
3. 徴税の徹底化

外国人観光客への対策

日本はアジアや欧米の先進国の中で、キャッシュレス決済の比率が極めて低い国です。
そのため、オリンピックや観光立国を目指す上で、キャッシュレス決済が普及している外国人を受け入れるためのインフラ整備を急ぐ必要があります。

現金にかかるコスト削減

現金を製造・流通・保管するためには、膨大なコストがかかります。
ATMの維持管理や現金運搬の人件費など、現金による利便性を追求するほどコストが増えます。
キャッシュレス化を推進することで、これらのコスト削減が期待できるのです。

徴税の徹底化

現金は匿名性が高く、現金の流れを把握することは困難です。
一方、キャッシュレス決済の場合は、取引の記録が残るので、管理がしやすいです。
これにより、犯罪の抑止にもなりますし、何より徴税が徹底できます

現ナマ町人現ナマ町人

徴税の徹底…これがお上のホンネじゃねぇのかい?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

だからこそ、キャッシュレス決済にはお得な特典が付いてくるのよ。

現ナマ町人現ナマ町人

たしかに、還元だかハンペンだか知らねぇが、いろいろバラまいてやがるしな。
で、どのキャッシュレス決済が一番お得なんでぃ?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

わたくしは、楽天ペイをオススメしますわ!

楽天ペイとは?

出典元:楽天ペイ公式HP

楽天ペイは、幅広いオンライン事業を展開するIT企業の楽天が提供する、スマホ決済サービスです。
2016年10月からサービスの提供が開始され、2019年においては最も利用されているQRコード決済となっています。(ICT総研調べ

楽天ペイは、スマホにインストールした専用アプリを使って利用します。
楽天会員であれば、アプリに楽天IDでログインするだけですぐに利用できます。

楽天ペイで支払った金額は、楽天IDに紐づいたクレジットカード電子マネーから引き出されます。
もちろん、楽天スーパーポイントで支払いをすることもできます。

楽天ペイのポイント還元率

出典元:楽天カード公式HP

 

楽天ペイは、200円(税込)の利用につき0.5%の楽天スーパーポイント還元が受けられます。
ところが、楽天ペイ単体ではPayPay(1.5%)やLINE Pay(最大2%)よりも還元率は良くありません。

ここで楽天ペイでは、支払い元をクレジットカードにすることで、「ポイント2重取り」ができます。
楽天カードの場合、クレジット払いで1%のポイントを獲得できるので、実質1.5%のポイント還元です。

さらに、実店舗に行くだけで楽天スーパーポイントが獲得できるサービスの「楽天チェック」の利用対象店舗で楽天ペイを利用するようにすれば、「ポイント3重取り」となるので、ザクザクポイントを稼ぐことができます。

また、2020年1月1日9:00~3月2日9:59の期間中、楽天ペイが利用可能な全店舗を対象に、5%還元キャンペーンが実施されるので、楽天ペイのポイント還元は、これからますます加速していきます

現ナマ町人現ナマ町人

なるほどな。楽天カードユーザーにとっちゃあ、かなりお得になるってことか。

楽天ペイが利用できる店舗

出典元:楽天ペイ公式HP

楽天ペイには、多くの業種が加盟しています。

楽天ペイが利用できる主な店舗

コンビニ
セイコーマート、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンなど

ドラッグストア
ウエルシア、キリン堂、クスリのアオキ、ココカラファイン、スギ薬局、ツルハドラッグなど

飲食店
くら寿司、鎌倉パスタ、倉敷珈琲店、スシロー、ほっかほっか亭、PIZZA-LA、松屋など

居酒屋
はなの舞、魚民、白木屋、千年の宴、笑笑、和民など

家電量販店
エディオン、100満ボルト、ケーズデンキ、ジョーシン、ビックカメラ、ヤマダ電機など

ファッション
AOKI、アルペン、スポーツDEPO、ゴルフ5、はるやま、メガネスーパー、ライトオンなど

百貨店・モール
小田急百貨店、近鉄百貨店、大和百貨店、東京駅一番街など

その他
アート引越センター、オートバックス、キオスク、東急ハンズ、東横INN、ブックオフなど

もちろん上記以外にも、楽天市場での買い物を楽天ペイで支払うこともできます

2020年春(予定)からは「Suica」との連携が開始

出典元:楽天ペイ公式HP

2020年春から、楽天ペイで「Suica」の発行・チャージ・利用が可能になる予定になっています。
Suicaとの連携により、楽天ペイからSuicaにチャージをすると、楽天スーパーポイントを獲得できます。

Suicaは、言わずと知れた、利用者ナンバーワンの電子マネーです。
Suicaが主に利用される都市部においては、かなり多くの人が楽天ペイを利用するものと思われます。

ただし、対応端末は2019年12月時点では、おサイフケータイが使えるAndroid端末のみとなっているので注意が必要です。(iOSは今後検討とのこと)

現ナマ町人現ナマ町人

こりゃあ、楽天ペイにとっては、大きな追い風になりそうだな!

まとめ

・日本では、キャッシュレス決済の普及が推進されている
・2019年現在、楽天ペイがスマホ決済として最も利用されている
・楽天ペイは、他の楽天サービスと併用することで、ポイント還元率を上げることができる
・楽天ペイは、実店舗はもちろん、楽天市場での買い物にも利用できる
・2020年春に利用者ナンバーワンの電子マネー「Suica」との連携が始まる

いかがだったでしょうか。

先日、ヤフーとLINEが経営統合を発表し、PayPayとLINE Payが手を結んだことになり、スマホ決済の派遣争いは、さらに激しさを増しています。

PayPayやLINE Payは、ポイント還元率や店舗設置のしやすさなどをウリに、攻勢を強めています。
ですが、還元されたポイントの使いやすさを考慮すると、楽天スーパーポイントを扱っている楽天ペイが最も優れていると思います

派手さはないものの、着実に地盤を固めている印象の楽天ペイを、この記事では推したいと思います。

この記事を参考に、楽しくお得に楽天ペイを使い倒しましょう!