キャッシュレス姫キャッシュレス姫

Apple WatchのPayPayで買い物をするようになってからとっても快適になったわ♪

現ナマ町人現ナマ町人

嘘つけ‼
インストールの仕方や使い方もよくわからねぇし、不具合が多いって聞いたぞ

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

そうかしら?
インストールも使い方もとっても簡単よ♪
不具合は多少あるけど、解決策を知ってればなんの問題もないわ♪

現ナマ町人現ナマ町人

本当かっ!?教えてくれ‼

PayPayをApple Watchで使えるようになれば、非常に便利で快適に買い物をすることができます。
しかし、

「使い方がよくわからない…」
「使っているけど、不具合が多くて困っている。」

このように思っている方は多いです。

そこで今回は、初めてPayPayをApple Watchで利用する方でもスムーズに使えるように、

  • アプリのインストール方法
  • お店で使うまでの流れ
  • くある不具合とその対処法

を徹底解説していきます。

 

Apple Watchで使えるPayPayはバージョン1.37.0以上

iPhone内のPayPayアプリがバージョン1.37.0以上のでないと、Apple Watchで使うことはできません。
Apple Watchで使う前に、確認しておきましょう。

 

PayPayをApple Watchに登録して支払うまでの手順

では、PayPayをApple Watchにインストールし、お店で支払うまでの実際の手順を解説していきます。

PayPayをApple Watchにインストール

自動的にApple Watchにインストールされる

iPhone内のPayPayアプリをバージョン1.37.0以上にバージョンアップすると、
自動的にApple Watchにインストールされます。

現ナマ町人現ナマ町人

じ、自動でインストールされるのか!?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

そうよ♪
簡単でしょ?

現ナマ町人現ナマ町人

確かに…
これならすぐに使えるぜ‼!

手動でインストールする場合

もし手動でインストールしなければならない場合は以下を参考にしてください。

iPhone内の「Watch」アプリの「マイウォッチ」からPayPayをApple Watchに追加

iPhone内にある、「Watch」というアプリを開きます。

「マイウォッチ」というところから「PayPay」を見つけタップします。

「AppをApple Watchで表示」をONにします。

Apple Watch内にPayPayがあることを確認

インストールが終わると、AppleWatchのホーム画面内にPayPayのアイコンが追加されます。

Apple WatchでPayPayを操作してみる

続いて、Apple Watch内のPayPayではどのような操作ができるのかを見ていきましょう。

ホーム画面で残高を確認

PayPayアプリのホーム画面では、残高の確認が行えます。
また、左右にスワイプしたり、下に表示されている二つのアイコンをタップしたりすることで、他の機能へ移ることができます。

バーコードを表示する

ホーム画面を右にスワイプすると、バーコードを表示させることができます。
バーコード決済の際はこのバーコードをスキャンしてもらって支払うという形になります。

QRコードを表示する

バーコードが表示された画面をタップすると、QRコードが表示された画面に切り替わります。
QR決済の際はこのQRコードをスキャンしてもらうことによって支払う形となります。

設定画面を表示する

ホーム画面を左にスワイプすると、設定画面に切り替わります。
設定画面では、残高の確認と、音量の調節を行うことができます。

マイコードを表示する

ホーム画面の左下にあるアイコンをタップすることで、マイコードを表示させることができます。
マイコードは、PayPay残高の送金を行うときに、相手に読み取ってもらうことによって受け取ることができます。

支払い履歴を表示する

ホーム画面の右下にあるアイコンをタップすることで、支払い履歴を表示することができます。
支払い履歴では過去に行った支払いの詳細が確認できます。

現ナマ町人現ナマ町人

シンプルな機能だから混乱しなくてすむな!!

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

最低限の機能だけでとっても快適よ♪

現ナマ町人現ナマ町人

ところで、
残高少なくねぇか!?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

………

まぁ、色々あるのよ

Apple WatchのPayPayを使ってお店で支払う

ここからは実際にお店で支払うときの手順を見ていきましょう。

①残高の確認

まず、PayPayにいくら残っているのかを確認しましょう。
支払う直前になって「残高が足りない」となった場合、そこからチャージしなければらず、支払いにもたついてしまいます。
事前に残高をチェックし、足りないようであればiPhoneからチャージしておきましょう。

②店員さんに「PayPayで」と伝える

レジで支払うタイミングになったら店員さんに「PayPayで」と伝えましょう。
伝えると、店員さんはバーコード決済の準備をしてくれます。

③Apple Watchを起動しPayPayのアプリを開く

店員さんが商品の梱包や、バーコード決済の準備をしている間にApple Watchを起動しPayPayのアプリを開いておきます。
バーコードの画面に切り替えたらそのまま待機します。

④「PayPay♪」という音とともに決済完了

店員さんがバーコードを読み取ると、「PayPay♪」と音が鳴り、支払いが完了した合図がApple Watchから出ます。
その後「支払い完了」と画面に出るので、そこまで来たら「支払い完了」ということになります。

 

こちらの動画では実際にインストールしてお店で使うところまで紹介してくれています。

 

Apple Watch版PayPayの機能

Apple WatchのPayPayを使用するときは、iPhoneでPayPayを使うときに比べ、機能が制限されます。
Apple WatchのPayPayでできる範囲を把握していないと、支払いの直前で慌てるなどのトラブルが起こる可能性がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

Apple Watch版PayPayでできること

マイコードで送金してもらう

Apple Watchの画面にマイコードを表示することによって、他の人からPayPay残高を受け取ることができます。
PayPay残高を送る方の人は、支払いの際に使うQRコードのスキャンと同じ手順で送金ができます。
マイコードの有効期限は5分なので、表示してから5分以内に受け取りを完了する必要があります。

バーコード決済

Apple Watchの画面にバーコードを表示し、お店側がそのバーコードを読み取ることによって決済するというのがバーコード決済です。
マイコード同様、バーコードの有効期限は5分なので、表示してから5分以内に支払いを済ませる必要があります。

残高の確認

使いたいときにPayPayにいくら残高が残っているのかがApple Watch版のPayPayアプリのホーム画面から確認できます。

支払い履歴の確認

AppleWatch版のPayPayアプリのホーム画面の右下のアイコンから支払い履歴を確認することができます。

Apple Watch版PayPayではできないこと

クレジットカードでの決済はできない

Apple Watch版でのPayPayでは、PayPay残高による支払いのみとなります。
iPhone版でクレジットカードを登録していたとしても、Apple Watch版では使用できません。

PayPayへチャージする方法
  • 銀行口座経由
  • Yahoo!カード経由
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • PayPayフリマの売上金をチャージ
  • 携帯料金合算

QRコードをカメラで読み取るタイプの支払いはできない

iPhone版のPayPayでは、お店側のQRコードをiPhoneのカメラで読み取り決済するという支払い方法がありますが、
Apple WatchにはカメラがないのでApple Watch版のPayPayでその支払い方法は使えません。

GPSタイプのApple Watch単体では決済ができない

PayPayはネットワークに接続していないと使用できないので、GPSタイプのApple Watchの場合、iPhoneも一緒に持っていて、iPhoneとペアリングされている状態でないと決済ができません。

現ナマ町人現ナマ町人

色々機能制限があるんだな

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

うまく使い分けることが快適な買い物をするポイントよ♪

 

PayPayをApple Watchで使うときに起こる不具合

AppleWatchでPayPayを使うのは便利なんですが、精密機械なだけに不具合も多く、それに悩まされている人もたくさんいます。
ここからは起こりやすい不具合とその解決策を見ていきましょう。

すぐにバーコードの画面が消えてしまう

series5以外のApple Watchはすぐに画面の表示がOFFになってしまいます。
店員さんが準備してくれている間に画面が消えてしまったら、また開く手間がかかってしまいます。

解決策

  • 決済の直前にバーコード画面を開く
  • 店員さんの準備が完了するまでずっと画面を触っておく

といった解決策があります。

バーコードのカウントダウンがされない

Apple WatchでPayPayを起動しバーコードの画面に切り替えると、本来は有効期限である5分間のカウントダウンがされるはずですが、カウントされない場合があります。
その状態だと決済することはできません。

解決策

もしカウントダウンがされない場合はPayPayアプリを強制終了し、再度PayPayアプリを開くことによってカウントダウンが始まります。
強制終了のやり方は、

  1. サイドボタンを長押しする
  2. デジタルクラウンを長押しする
  3. ここでApple Watchが時計の表示になるため、再度PayPayアプリを開く

となっています。

なぜか決済ができない

iPhoneも一緒に持っていて、特に問題がなさそうなのに、決済が成立しないことがあります。

解決策

お店のWi-Fiに接続されていて、通信状況が悪いため決済が行えないことがあります。
もし決済ができないことがあったら、Wi-FiをOFFにしてみて下さい。

バーコードが読み取れない

Apple WatchもPayPayも正常なのに何度やってもバーコードが読み取れないことがあります。

解決策

Apple Watchの画面の明るさを上げてみましょう。画面が暗すぎると、バーコードが読み取れないことがあります。

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

これらの解決策を使えば、
もう不具合に悩まされることはないわね♪

現ナマ町人現ナマ町人

よし、さっそく使うぜ!!

 

まとめ

今回は、

  • PayPayをApple Watchにインストールする方法
  • お店で支払うまでの流れ
  • よくある不具合とその解決策

について解説しました。

Apple Watch版のPayPayを使いこなせば、買い物はかなり快適になります。
ぜひ、使うことをオススメします。