支払い方法の選択肢として定着化してきたスマホ決済。中でもPayPayはダウンロード数2500万人を突破し、着々と人々の日常に馴染んできています。でも、いくら便利でも、支払う金額がチャージされていないとその場ですぐに決済ができないので、意味がないですよね?「スマホ決済って興味あるけど、チャージとかなんだか難しそうだし色々不安だな・・・。やっぱやーめた。」と、PayPayデビューを諦めた・・・なんて人もいるのではないでしょうか?今回は初心者の方でも簡単にできるPayPayへのチャージ方法をご紹介致します。

 

チャージする選択肢

PayPayにチャージする方法は大きく分けて5つあります。

・銀行口座

・セブン銀行ATM

・ヤフオク!PayPayフリマの売上金

・ヤフーカード

・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

 

選択肢が多いのは嬉しいのですが、初心者の方は色々触ってみるよりも、まずは1番わかりやすい銀行口座からのチャージと、便利なセブン銀行ATMからのチャージを始めてみると良いと思います。なので今回は銀行口座・セブン銀行ATMからのチャージ方法を紹介します。

 

銀行口座からのチャージ

まずはホーム画面の右下、「アカウント」→「支払い方法の管理」を選びます。

「チャージ用の銀行口座を追加」を選び、ご自身が使いたい口座の情報を入力します。これで完了です。ちなみに、三菱UFJ銀行は現在対応しておりませんので、ご注意ください。あとは、ホーム画面に戻り「チャージ」を選んで、チャージしたい金額を入力して、完了です。口座の残高によって口座を変更できるよう1〜2口座、予備の口座として登録しておけば安心ですね。ちなみにチャージ上限は50万円(過去24時間)ですのでご注意ください。

 

セブン銀行ATMからのチャージ

銀行口座からのチャージとは違い、セブン銀行ATMは手持ちの現金からPayPayにチャージをすることができます。ちなみにセブン銀行ATMは25,247台もあるそうです!(2020/6/23現在)最近は駅ナカでも見かけたりするので、「あ、そうだ財布の中のお金をPayPayにチャージしたいな」と思い立った時にも楽ですね。

セブン銀行ATMからのチャージは、ATM画面に表示されるQRコードをスマホで読み取り→アプリの「チャージ」より「セブン銀行ATM」を選択→チャージしたい金額をATMに入れる、という3ステップで完了です。思ったより楽ですよね。PayPayのサイトにわかりやすく記載されていますので、そちらをご覧いただくだけで簡単にチャージが可能です。

https://paypay.ne.jp/help/c0087/

オートチャージも可能

毎回のチャージが面倒だな、という方にはオートチャージ機能もあります。

画面下部、その他のチャージ方法より設定することができます。「チャージ残高が1000円を切ったら自動的に2000円がチャージされる」という非常に便利な機能です。もちろん、金額は自分で自由に設定することができます。

※注意事項ただし、その分自動的に口座からお金が移行されていく訳ですから、使いすぎには十分注意しましょう!

まとめ

今回は代表的な銀行口座、セブン銀行ATMからのチャージ方法をご紹介しました。他にもチャージ方法はいくつかありますが、まずは基本的、かつ簡単な2つの方法さえ習得できれば問題なくPayPayライフを送れます。習うより慣れろ!と言いますし、まずは少額からスタートして、スマホ決済の利便性を体感してみてください。きっとこれまでの生活と世界が変わってくるはずです!