現ナマ町人現ナマ町人

電子マネーをチャージするには手数料がかかることもあるんだってな。キャッシュレスのほうがお得とか言って、だまされるところだった。やっぱり、現ナマが一番じゃねえか!

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

あら、そんなことないわよ!LINEpayなら、どんな方法でも無料でチャージできるし、振込だって、現金でやるよりお得なんだから♪

手数料・・・・嫌な響きですよね。

無駄な出費という感じがして、できれば払いたくないものです。

LINEpayで無料でできること、手数料がかかる事をそれぞれまとめると、

◆LINEpayで無料でできること ◆LINEpayで手数料がかかること
  • チャージ
  • 買い物
  • LINE友達への送金
  • 割り勘
  • 他者の銀行口座への送金(176円)
  • 出金(220円)

となります。

「利用するのに手数料がかかってしまったら、結局LINEpayって損なんじゃないの?」

いえいえ。そんなことはありません。LINEpayを使えば、お得にお金のやりとりをすることができますよ!

1.LINEpayが手数料無料でできること

LINEpayで無料でできることは、

  • チャージ
  • 買い物
  • LINE友達への送金
  • 割り勘

となります。以下で詳しく解説していきます。

・チャージ

LINEpayには5つのチャージ方法があります。

LINEpayのチャージ方法については、次の記事で詳しく解説しています。
LINEPayの5つのチャージ方法とは?メリットを徹底比較!

5つのチャージ方法を簡単にまとめると以下の通りです。

1.銀行口座を登録してチャージする
LINEpayに銀行口座を登録し、チャージする方法。残高が無くなると自動でチャージされるオートチャージ機能が使える。

 2.ファミリーマートのFamiポートでチャージする
Famiポートを使い現金をチャージする方法。スマホがあればできる。

3.セブン銀行ATMでチャージする
セブン銀行ATMから現金をチャージする方法。スマホがあればできる。

 4.ローソン、アインズのレジでチャージする
LINEpayカードというプリぺードカードを、ローソン・アインズのレジにもっていって現金をチャージする方法。

5.QRコード、バーコードを利用してチャージする
アインズのレジにスマホを持っていき、現金をチャージする方法。アインズ系列店でしかできない。

上記5つの方法の中で、唯一現金チャージではないのが1の銀行口座を利用するチャージ方法ですね。
普通、銀行から別の銀行口座へお金を振り込むとき、振込手数料がかかってしまうと思います。

しかし、LINEpayでは、1の方法でも手数料はかかりません。
オートチャージ機能も、手数料はかかりません。

LINEpayはどんな方法でチャージしても、手数料は無料です。

実際、筆者は5つの方法全てを試しましたが、手数料がとられることはありませんでした。

・買い物

LINEpayでお金をチャージすると、当然そのお金で買い物をすることができます。

そのお金でお買い物をするときも、手数料は基本無料です。
安心してお使い下さい。

・LINEの友達にLINEpayのお金をそのまま送金する/割り勘機能を使う

ご飯を買うときお金が足りなくて、友達に少しお金を借りたけど、返すの忘れてた…。でも、しばらく会う予定がない…。
なんていうときに便利な機能です。

「送金」という所をタップすれば、LINEを使用している友達になら誰にでも送金することができます。

普通、A銀行からB銀行にお金を振り込むとき…なんかは、馬鹿にならない手数料がかかってしまったりしますが
LINEpayを使ったLINE友達への送金は、手数料無料です。

また、LINEpayの便利機能「割り勘」においても、手数料は無料です。

2.LINEpayで手数料がかかってしまうこと

LINEpayで手数料がかかってしまう事は、次の通りです。

  • 他者の銀行口座への送金(176円)←NEW機能
  • 出金(220円)

・他者の銀行口座への送金

この機能は、2019年12月より実装された新機能です。

先ほどの「LINEの友達にLINEpayのお金をそのまま送金する」というやり方では、手数料は無料ですが、LINEをしている友達にしか送金することはできません。

しかしこの機能を使えば、銀行口座を所持している人へならだれにでも送金ができます。

さらに、この機能は、口座番号を教えてもらわなくても、相手のメールアドレスか電話番号がわかっていれば送金することができるのです

とても便利なこの機能ですが、手数料が1回につき176円かかります。

手数料がかかってしまうのは痛いですが、他店同士での銀行振り込みの手数料が安くても200円ほどかかってしまうこのご時世、176円の手数料は割安と言っていいでしょう。

・出金したいとき

LINEpayの残高を現金化したい時など、出金する場合、手数料が220円かかります。

出金は、残額を登録している自分の銀行口座に振り込むorセブン銀行ATMで現金化して出金するかの2択ですが、どちらも220円の手数料がかかります。

自分のお金を引き出すのに220円もかかってしまうのはなかなか痛いですね。

どうしてもLINEpayにチャージしたお金を現金化したい時のみ、利用するのがいいと思います。

3.まとめ

LINEpayでできることは基本的に、

  • 買い物
  • 送金
  • 出金

の3つですが、そのうち手数料がかかってしまうのは

  • 送金機能のうちの、他社の銀行口座への送金
  • 出金

となります。

とはいえ、LINEをしている友達であれば「口座への送金」ではなく「LINEを利用した送金」を選択することで手数料を無料にすることができます

加えて、出金は基本的にしないように気を付けていれば、ほぼすべての機能を無料で利用することができるということになります。

現金で、銀行口座を経由して送金すると多くの場合は200円以上手数料がかかってしまいますし、LINEを利用すれば他者への送金がいつでもどこでも無料でできるのは、かなりお得と言えると思います。

また、「他社への銀行口座への送金」でかかってしまう手数料に関しても、通常他行への銀行振込手数料が200円以上かかってしまうのが一般的な中で、176円で済むのはお得ともいえます。

チャージも無料、買い物も手数料無料ですから、キャッシュレス還元をうけることができて、現金よりもお得に買い物ができますね。

とてもお得なLINEPay。みなさんも今すぐ利用してみてはいかかでしょうか。