現ナマ町人現ナマ町人

LINEPayに登録してみたはいいものの、全く使えんぞ?どうなってんだい。

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

LINEPayはチャージしないと使えないわよ。

現ナマ町人現ナマ町人

なんだって!?チャージってなんでぃ?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

チャージはお金を入れる事よ。LINEpayの主なチャージ方法は5つあるわ。説明していくわね。

まずLINEの項目の一番右下「ウォレット」タブを押しLINEpayの画面を開き、右端の+マークを押します。
   → 

するとこんな画面が出てきますよね。

これらがすべてチャージの方法です。自分がやりやすいやり方を見つけてチャージしていきましょう。
以下で一つずつ解説していきます。

1.銀行口座を登録してチャージする


・コンビニなどに行くのがめんどくさい
・お金が無くなるたびにいちいちチャージするのもめんどくさい

というめんどくさがりな方におすすめの方法です。

先ほどのチャージ方法選択画面で「銀行口座」を選択すると「銀行の選択」という画面になりますので、自分が口座を所持している銀行を選んでください。
  

利用規約に同意の後、銀行口座の登録画面になりますので、あとは指示に従って入力していくだけです。
口座を登録すると、オートチャージという便利機能が使えるようになります。
オートチャージとは、残高が設定額を下回ったら、自動で口座からお金がチャージされるというもの。

現ナマ町人現ナマ町人

買い物をしていて、レジで急に残高がないことを知り買えなかった、ということを防げるってこったな。

オートチャージ機能の設定方法

「オートチャージ」をタップし、オートチャージのバーを右にスライドしONにします。

「オートチャージ条件」は、この金額を下回ると自動でチャージされるよ、という条件を設定する項目です。
「オートチャージ金額」は、「オートチャージ条件」の金額を下回った時、自動でチャージされる金額を設定する項目です。

ちなみに、知らぬ間に使いすぎてしまうのが怖いという方にオススメの設定は、「オートチャージ条件」2000円、「オートチャージ金額」5000円です。普段そんなに大きな買い物をしない人ならこれで充分かと。

オートチャージ機能は、バーを左にスライドすることでいつでもオフにできます

2.ファミリーマートのFamiポートでチャージする


チャージ方法選択画面で「Famiポート」を選んでください。その後、名前とチャージしたい金額を入力します。

受付番号、予約番号などが表示されますので、スクショして保存しておきましょう。

スマホ側の操作は終わりです。Famiポートの操作に移ります。

「代金支払い」「各種番号をお持ちの方はこちら」「番号を入力する」の順で操作
すると番号の入力画面になるので、先ほどのスクショを見ながら番号を打ち込んで行ってください。

ファミリーマート公式サイト「各種代金お支払い方法」ページにて、ファミポートの操作手順がわかりやすく説明されています。)

最後に長ーいレシートがでてくるので、それを持ってレジに行き、現金を支払えばチャージ完了です。

3.セブン銀行ATMでチャージする


よく間違われますが、セブン銀行の口座を持っていなくてもこの方法でチャージができます
やり方は大きくわけて2つ。

スマホを使ってチャージ

セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタッチするとQRコードが表示されます。

そのあと、スマホ画面を操作します。
チャージ方法選択画面の「セブン銀行ATM」をタップし、「次へ」をタップ

するとコードリーダーがスマホ画面に表示されるので、先程ATMの画面にでてきたQRコードを読み取ってください。画面から読み取れない場合は印刷もできます。その後スマホ画面に4桁の企業番号が表示されるので、ATMにそれを入力して現金を投入してください。

これで完了です。

セブン銀行のサイト「スマホATMの操作方法」ページにて、ATMの操作手順がわかりやすく説明されています。)

LINEpayカードを使ってチャージ

セブン銀行ATMにLINEpayカードを入れ、ご入金をタッチすれば、スマホチャージと同じようにチャージすることができます。

LINEpayカードとは年間費無料誰でも発行できるプリペイドカード。現金をチャージしておくことでクレジットカードのように使う事ができます。(ICOCAやSuicaのようなものです)

チャージ方法選択画面で「LINEpayカード」を選択し、「LINE Payカードの申込はこちら」をタップして、案内にそって申し込むだけで発行できます。

4.ローソン、アインズのレジでチャージする


自分でいろいろ操作するのがめんどくさいという方におすすめの方法です。

LINEpayカードをローソンやアインズ等のレジに持っていき、店員さんに「○○円チャージお願いします」と言って現金を渡すだけです。

他の4つと異なり自分で煩わしい手続きを一切せずにチャージができるのが魅力ですが、LINEpayカードを発行している事が前提なのが難点ですね。

対応している店舗が「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」等のローソン系列店、もしくは「AINZ&TULIPE」「LIPS and HIPS」「アインズ」等アインズ系列店だけなのも少し難点かも。

お近くの店舗を検索してみましょう。⇒ローソン アインズ

5.QRコード、バーコードを利用してチャージ


チャージ方法選択画面で「QRコード/バーコードチャージ」を選択します。するとバーコードとQRコードが画面に表示されるので、4と同様にレジで店員さんに画面を提示しながらチャージしたい金額を伝えるだけ。

4と同じく非常にお手軽な方法です。

とっても簡単なこの方法ですが、使える店舗がアインズ系列店舗のみとかなりかぎられています。

サイトを見て、生活圏内にアインズがあるかどうか確認しましょう。⇒アインズ

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

2,3,4,5はコンビニ等のお店を利用したチャージ方法よ。お店に行く手間はかかるけど、現金を使ってチャージするのでお金の管理はしやすいわね。どのお店が生活圏にあるかで方法を決めると良いわよ。

おまけ:LINE pocket Money


チャージ選択画面にある「LINE Pocket Money」ですが、簡単に言うとこれはLINEでお金が借りられるサービスです。しかし当然ながら審査があるのであまり初心者向けとは言えません。まずは1~5の方法でLINEpayを活用してみましょう。

まとめ(それぞれのメリット・デメリット)


5つの方法についてメリット・デメリットをまとめるとこんな感じです。

1.銀行口座 2.ファミリーマート 2.セブン銀行ATM 4.ローソン、アインズ 5.QRコード、バーコード
メリット ・家にいながらできる
・オートチャージ機能がある
・LINEpayカードがなくても利用できる
・現金を入れるため使いすぎてしまう心配が少ない
・LINEpayカードがなくても利用できる
・現金を入れるため使いすぎてしまう心配が少ない
・LINEpayカードがあってもなくても利用できる
・現金を入れるため使いすぎてしまう心配が少ない
・店員さん任せのため非常に簡単
・現金を入れるため使いすぎてしまう心配が少ない
・店員さん任せのため非常に簡単
・LINEpayカードがなくても利用できる
デメリット ・初回口座登録がめんどくさい
・オートチャージ機能があるため、知らぬ間に使いすぎてしまう可能性がある
・オートチャージ機能がない
・コンビニへいちいち行くのがめんどくさい
・オートチャージ機能がない
・コンビニへいちいち行くのがめんどくさい
・オートチャージ機能がない
・コンビニへいちいち行くのがめんどくさい
・LINEpayカードがないと利用できない
・オートチャージ機能がない
・店へいちいち行くのがめんどくさい
・利用できるのがアインズ系列店のみと非常に限られている

上記の表を参考にしながら、LINEpayで快適なキャッシュレスライフを送りましょう!