現ナマ町人現ナマ町人

世間じゃなんたらペイってのが流行ってるようだが、今そいつを使うと得だってのは本当かい?

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

あら、現ナマ町人さんたら耳が早いわね♪今キャッシュレス決済を使ってお買い物をすると、最大5%の還元が受けられるんだから♪

現ナマ町人現ナマ町人

へっ!そうかい!しかし俺にゃ関係ないね。やっぱり見えない物なんて信用出来ねぇよー。現ナマがいちばんだ!

キャッシュレス姫キャッシュレス姫

それはもったいないわ!今はまさに大キャッシュレス時代!これを知らなきゃ損、そん、ソン♪キャッシュレス決済を活用することで、毎日のお買い物がお得になるんだから♪

毎日の食材や日用品の買い出し、少しでも安く抑えたいですよね。消費税増税が家計に与える影響は、決して小さくはないはずです。

「消費税5%の時代が恋しい…」

ついついそんな声が漏れてしまいます…。

でもちょっと待ってください!皆さん知っていましたか?

今ならその思い、現実にできちゃうんです。そう、キャッシュレス決済なら!

実は2019年10月からの消費税導入にともない、経済産業省は「キャッシュレス・消費者還元事業」という計画をスタートさせていたのです。

知らないままではもったいない!今回は消費税を実質5%にできるかもしれない、キャッシュレス決済の「消費者還元事業」について詳しく解説していきます。

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業とは何でしょうか?

ややお硬い印象を受けますが、その内容は至ってシンプル!要は「キャッシュレス決済で支払った金額の一部が還元されますよー!」ということです。

2019年10月の増税で肩をがっくり落とした方も多いかと思いますが、これは嬉しい試みですよね。

決済方法や利用する店舗により還元率は異なりますが、最大で5%の還元が受けられます。

例えば税込み11000円のお買い物をした際には、最大で550円もの還元を受けられるわけです!こうなると実質消費税5%分です!

毎日のお買い物がキャッシュレス決済でもっとお得になる!ということですね。

キャッシュレス決済・消費者のメリットは?

キャッシュレス決済のメリットは、利用金額の一部還元だけではありません!シチュエーション次第では、以下のようなメリットも得られます。

  • 小銭を出すのに手間取ることがありません。
  • わざわざATMでお金をおろす必要がありません。
  • 交通系電子マネーだと、交通機関を利用する際に切符を買う必要がなくなります。

どうしても還元ばかりに気を取られがちですが、上記のようにこれまで「商品を購入するまでにしなければならなかったこと」を大幅に省略することが出来ます。

キャッシュレス決済・加盟店のメリットは?

キャッシュレス・消費者還元事業は、私達消費者のみが得をする制度なのでしょうか?…いいえ、そんなことはありません!ちゃんと加盟店側にもメリットがあるんです。

  • 端末や設備の設置費用が無料になります。
  • 期間中の決済手数料の負担が軽減されます。
  • 消費者還元で集客力アップにつながります。

このように、加盟店側にもたくさんのメリットがあるため、消費者サイドと加盟店サイドがWinWinの関係になる制度ということですね!

どの決済方法が対象なの?

最近よく聞くようになった「キャッシュレス決済」という言葉。一体どんなものが含まれるのでしょうか?

実はあなたも、既に活用しているかもしれません。キャッシュレス決済とは、その名の通り「現金をお財布から出さずに買い物をする方法」のことです。

具体的には以下の支払い法が「キャッシュレス決済」と区分されています。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 決済アプリ(PayPayペイペイ、LINEPayラインペイ、楽天Payなど)
  • 電子マネー
  • プリペイドカード
  • QRコード決済 など…

これらが還元の対象となります。

いつまでやってるの?

キャッシュレス決済を使いたいけど、当分先だな…。その考えはもったいないです!

なぜなら現時点(2019年12月)での還元対象期限は、2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の9ヶ月間とされているからです。この期間中での決済であれば還元が適応されます。

よし、キャッシュレス決済に挑戦だ!と思い立っても、還元が受けられない時期だとがっかりですよね…。キャッシュレス・消費者還元事業は限られた期間内での制度なので、チャンスを逃さず活用しましょう!

今から始めても大丈夫…?

キャッシュレス決済を使い始めるなら、むしろ今が旬!

制度が始まったばかりの頃は、加盟店の従業員さんたちの間で多少の混乱があったようですが、制度開始から2ヶ月が経過した現在では落ち着きを取り戻しています。

つまり、世間の「キャッシュレス決済への受け入れ体制」が整っている、ということです。

気後れする必要は一切ありません!還元が受けられ、なおかつキャッシュレス決済の認知度が高まっている今は絶好の機会です。

これを機にキャッシュレス決済を始めてみましょう!

対象店舗はどこ?

いざキャッシュレス決済!…でもちょっと待ってください。その店舗、本当に対象店舗ですか?

スマートに支払おうと思ったら「すみません、ウチでは使えません…」なんて言われて恥ずかしい思いをしないように、事前に対象店舗を確認しましょう!

対象店舗の探し方

以下の手順で対象店舗の確認が出来ますので、活用してみてくださいね。

  1. 経済産業省のホームページから「登録加盟店はこちら」のボタンをクリック!
  2. 画面左側で検索条件(店舗名や還元率など)を選択。
  3. 条件に合った施設が、黄色くマッピングされます。
  4. マッピングされた施設をクリックすることで詳細が確認できます。(下図参照)

還元率もすぐわかる

経済産業省のホームページから対象店舗を探した場合、上図の青枠の部分で該当店舗の還元率が一目でわかるようになっています。

まさに一石二鳥の方法ですね!後ほど詳しく解説しますが、経済産業省のホームページの案内はとてもわかりやすく、必要な情報がまとまっているので非常に有用です。

キャッシュレス・消費者還元事業についてのリサーチ時は、どんどん活用していきましょう!

決済サービスによって還元率が違うの?

自分の使っている決済サービスは、どれくらいの還元が受けられる?

気になるところですよね。

どうせお買い物をするなら、還元率の高い方法でお買い物をしたいものです。では、どうやってお得な決済方法を調べたらいいのでしょうか?

サービスごとの還元率の調べ方

サービスごとの還元率については、各決済サービスごとのホームページ等を確認していただくのが早いです。実は経済産業省のホームページを活用することで、とっても簡単に調べることができるんです!

今回はお目当ての情報への最短の道のりをご紹介します!

  1. 経済産業省のホームページから「対象サービスはこちら」のボタンをクリック!
  2. 該当の決済サービスの種別を選択。(クレジットカード/デビットカードを探すor電子マネー/QRコード/その他サービスを探す)
  3. 対象の決済サービスを検索し、詳細を確認できます。

3−1.クレジットカード/デビットカードの場合

青枠内「詳細を確認」から、各サービスごとのポイント還元特設ページに移動できます。

3−2.電子マネー/QRコード/その他サービスの場合

青枠内「ポイント還元の詳細を確認する」から、各サービスごとのポイント還元特設ページに移動できます。

移動先は全て「各サービスのサイト」

上記の方法で移動するのは、全て「そのサービスのサイトの消費者還元についてのページ」です。

つまり「LINEPay」なら「LINEPayのサイトのページ」、「楽天Pay」なら「楽天Payのサイトのページ」といった具合ですね。

経済産業省のホームページは、あくまでそれらのサイトへの橋渡し役ですので、サービスごとの還元率についての不明点は「決済サービス事業者」に問い合わせるようにしましょう。

制度についての問い合せ先は?

サービスごとの還元率に関しての問い合わせは各決済サービス事業者へ行いますが、制度そのものに関しての疑問点や不明点はどこに問い合わせるべきでしょうか?

なんと、経済産業省ではキャッシュレス・消費者還元事業に関しての専用電話窓口を設けており、そちらへ問い合せすることで詳しい説明を受けることが出来ます。

ポイント還元窓口 消費者向け

電話番号:0120−010975 

受付時間:平日10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

※経済産業省ホームページより抜粋

問合せたい内容が、決済サービス事業者へ問い合わせるべきものか、上記ポイント還元窓口に問い合わせるべきものかを見極め、適切な問い合わせ先に連絡をしましょう。

まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業の制度は2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の期間限定であり、限られたチャンスです!

消費税増税により、懐が寂しくなることを和らげてくれる制度ですので、活用しない手はありません。

また、経済産業省のホームページがにわかりやすく設計されており、利用可能な決済サービスや利用可能な店舗の検索がカンタンに行えるようになっています。

このように経済産業省でも利用を推奨しているキャッシュレス決済は、メリットも多く非常に利便性が高いものですので、この機会にぜひとも使ってみてくださいね!