PayPayでチャージしようとしたら、「現在利用を制限しています」と表示されてしまい、チャージや利用ができなかったということはありませんか。PayPayは便利でお得なキャッシュレス決済ですが、チャージや利用金額には上限が設定されており、たくさん利用する機会がある方には不便を感じますね。

実は、PayPayのチャージ・利用金額上限は引き上げることができるんです。

この記事では、PayPayのチャージに上限がある理由や、いくらまで利用できるのか、利用上限を引き上げるためにどうすれば良いかについて解説します。私も上限を引き上げることができた、実践内容もご紹介しているので、読めばあなたもPayPayのチャージで制限に悩まされることなく、お得な買い物ができるようになりますよ。

PayPayにはなぜチャージ上限があるの?

そもそも、どうしてPayPayにはチャージ上限金額が設定されているのでしょうか。それは、第三者の不正利用防止の対策のためです。

2018年末、PayPayでは第三者からのクレジットカードを不正に登録、利用されるという被害が多発しています。利用のハードルを下げようと、当時は登録に必要な情報を少なくしていたことが大きな原因でした。

このような不正利用を防ぎ、安心して利用できるよう、PayPayでは以下の補償対応と不正利用対策を実施しています。

●不正利用に対するユーザー・加盟店への対応

・全ユーザーを対象に、被害額を全額補償
・全加盟店を対象に、入金保証
・24時間365日の問い合わせ窓口体制

●不正利用防止の対策

・3Dセキュアによる本人認証サービスの強化
・本人認証設定の有無によるチャージ上限金額の設定

このような取り組みのおかげで、現在はユーザーも加盟店も安心してPayPayを利用することができているのです。チャージの上限設定があるのも、こういった背景があったのですね。

PayPayのチャージ上限はいくらまで?

実際にPayPayのチャージ上限はどれくらいなのでしょうか。登録時の設定やチャージ方法によってチャージ上限金額が異なりますので、それぞれ確認していきましょう。

まず、クレジットカードでのチャージについては、本人認証が設定済の「Yahoo JAPANカード」でのみ可能となっており、他のクレジットカードではチャージはできません。また、過去24時間で2万円、過去30日間で5万円がチャージの上限となります。

出典: PayPay公式HP

また、銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージする場合はした表の通りとなります。

出典:PayPay公式HP

比べてみると、Yahoo JAPANカードからのチャージ上限金額が明らかに少ないことがお分かりいただけると思います。第三者からの不正利用防止の対策なので仕方ないとは思いますが、せっかく一番使い勝手が良くお得な決済方法なので、少し残念ですね。でも実は、Yahoo JAPANカードの利用上限・チャージ上限は引き上げることができるのです。

チャージ上限が引き上げられる?「青いバッジ」

「Yahoo JAPANカードの利用・チャージ上限が少ない!」と感じているあなた。実は上限を引き上げる方法があるのです。

アプリ下部のアカウントをタップ後の画面に記載される表示名の隣に青いバッジが表示されたお客様は、本人認証がされたクレジットカードでの決済上限金額とヤフーカードでのチャージ上限金額が、過去24時間および過去30日間で25万円になります。
引用: PayPay公式HP

このように青いバッジが表示されれば、上限金額が引き上げらます。下表をご覧ください。
出典:PayPay公式HP

しかし、PayPay公式HPでは青いバッジが表示される条件については公表されていません。ですから青いバッジを表示させる条件については推測することしかできませんが、実際私も青いバッジが表示されているので、私がやっていることから考えられる条件を挙げてみたいと思います。

※このように青いバッジがアカウント画面に表示されます。

一つは、「安全にサービスを利用できる準備が整っているユーザーと認められる」ということです。上限を低く設定する理由は、第三者の不正利用を防止するためですから、不正利用される心配がない状況が整っていることが第一の条件として挙げられそうですね。

もう一つ考えられることは、「上限を引き上げた際に以前の上限を超えて利用してくれる期待が持てる」ということではないでしょうか。PayPayとしても、継続的にサービスを利用していて、かつこれまで以上に利用してくれる期待があるからこそ、利用上限を引き上げられるのだと思います。

また、PayPayはYahoo! JAPAN のグループ企業ということもあり、Yahoo! JAPAN IDなど外部サービスとの連携も条件として考えられそうです。

そうすると、最低でも具体的には下記の条件を満たすことが必要になるのではないでしょうか。

○本人認証(3Dセキュア)、銀行口座の登録
○PayPayの定期的な利用し、一定以上金額を利用またはチャージ
○Yahoo! JAPAN IDとの連携

この3点は青いバッジを頂いた私もクリアしている条件なので、できていない項目がある方はぜひやってみて下さい。ちなみに私はスーパーでの買い物でPayPayを利用するので、月に4〜5万円くらいは利用しています。頻度や金額の参考にしてみて下さい。

まとめ

PayPayのチャージ上限は、不正利用を防ぎ、ユーザーや加盟店のみなさんが安心安全に利用するためのものでした。だからこそ、安心して利用できる環境をユーザーが整えて、上手にサービスを利用していることが分かれば、厳しい制限をつける必要がなくなるのだと思います。

ぜひあなたも青いバッジをもらって、もっとPayPayを便利に使っちゃいましょう。お得なポイントももっと貯まって、お買い物がより楽しくなるはずですよ。